よこはま市民の回収

『よこはま市民の回収』とは?

●『よこはま市民の回収』の特徴

毎週1回、回収します!

横浜市内の家庭から出される古紙・古布は全て資源集団回収で回収されています。『よこはま市民の回収』では、毎週1回古紙・古布を回収いたします。
これにより、家庭で古紙・古布を溜める期間と量を減らし、1回に出す重量を減らすことが出来ます。

奨励金を受けられます!

資源集団回収実施団体は回収量に応じた奨励金を横浜市から受けられます。奨励金は回収量1kgにつき3円です。(※平成29年2月現在)

奨励金の目安
1世帯あたりの古紙の排出量は、月平均10㎏です。このため、例えば1,000世帯の団体の月の回収量は10tになります。よって月に3万円の奨励金を受け取ることができます。

奨励金の利用例
奨励金の使いみちは、実施団体様が自由に決められます。団体活動費の一部に活用したり、お祭りの運営費に充てたり、ごみ箱を購入したりと、さまざまに利用されています。

利用しやすい回収場所を設定

写真 行政の集積場所と同じくらいの、約20世帯に1か所の設定をします。
回収場所につきましては、実施団体様とご相談の上、設定させていただきます。

回収は古紙・古布

イラスト 回収品目は、古紙(新聞・雑誌・その他の紙・段ボール・紙パック)、古布(衣類・毛布・カーテンなど)です。
品目ごとに、横浜市と同じ分別ルールで分別してください。
分別の仕方について出前講師を派遣してご説明会を開くこともできます。ご相談ください。

実施登録は身近な組織で

自治会、町内会、子供会ほか、任意の団体でも登録できます。